ビタミンCについて

フルーツ

壊血病の予防としてビタミンCが注目され

ビタミンCが美容と健康に欠かせない栄養素だということは、
皆さんなんとなくご存知ですよね。
昔、遠洋航海の船乗りたちが皮下や歯肉、関節、
胃腸で出血を起こし死んでいくという病気によくなりました。
壊血病(かいけつびょう)と言われ、
これは新鮮な野菜、果物が不足して起きた症状でした。
20世紀になり、この病気の原因がビタミンCの不足だということがわかり、
今では「ビタミンC欠乏症」とも呼ばれています。
その後の研究で、ビタミンCには、
大きく3つの働きがあることがわかってきました。

①コラーゲンの生成を促進
 コラーゲンは細胞と細胞をつなぐ接着剤のような仕事をし、
 強い歯茎や血管、骨や筋肉などの各器官を作ります。
 ビタミンCは、そのコラーゲンの生成に強く働きます。

②風邪の予防
 ビタミンCは白血球の働きを強化します。
 白血球の働きがよくなると免疫力が高くなり、
 免疫力が高くなると風邪にかかりにくくなります。
 また、かかってしまった場合でも回復が早くなります。

③抗酸化作用
 ビタミンCには、病気や老化の原因といわれるからだの
 サビ、活性酸素を抑える働きがあります。
 日焼けや皮膚の色素沈着を防ぎ、シワなどといった
 皮膚の老化も抑え、お肌の美容を守ってくれます。

ビタミンCは摂り貯めできない

美容と健康に欠かせないビタミンCですが、
残念ながら体内で作ることができません。
また、体内に蓄積しておくこともできず、必要以上に摂取した場合、
過剰分はそのまま排出されてしまいます。
大人一人が一日に必要とされているビタミンCの最低量は100mg。
約レモン1個分です。

バランスよい食事をしていれば、日常の食べ物から十分に摂取できますが、
ビタミンCは熱に弱く、水にさらしても逃げてしまうため、
生野菜やフルーツをきちんと
食べていないと不足がちになります。

こんな方は通常よりもたくさんビタミンCが必要

〇喫煙者、受動喫煙者、飲酒量が多い方
〇ストレスの多い人
〇貧血の人、風邪を引きやすい人
〇肌が弱い方、美肌になりたい方
〇疲れているとき
〇妊娠中・育児中

思い当たる方は、標準の5倍程度のビタミンC(500mg)を
とるようにしましょう。

ビタミンCの天然と化学合成のちがい

ビタミンCにも天然モノと化学合成モノがあります。
化学合成ビタミンCとは、トウモロコシなどの糖分を化学分解して、
アルコルビン酸として大量に作られ、
合成過程で石油を原料とした薬品を使用しています。
そのために分解・吸収されにくいという説があります。
天然のビタミンCは、分解が早く、吸収率も高く、
余分なものはきれいに排出されます。


代表的なスーパーフード

1346312555614.jpg

マキベリーは深い紫色をしたベリーの一種

80dd5d91bf828c754810c8d58cc321cc_s.jpg

とくにローカカオカカオ豆を非加熱あるいは低温で加工したもの

yjimage_1.jpeg

スピルリナは30億年以上も昔に地球上に誕生した最古の植物と言われる藍藻類の一種



51GW4ggQNbL._SY300_.jpg

ヘンプシードは「麻の実」のことで七味唐辛子にも入っている比較的大きな実

caef8098f236fd3f3bcebfbfc42a5315_s.jpg

チアシードは南米原産のシソ科の種子で直径2ミリ程の黒ゴマのような食べ物

img01.jpg

ビタミンCの含有量が世界1の果実



ハート食や健康のまとめ

オーガニック&スーパーフードでネットワークビジネス


資料請求


資料請求


a:200 t:1 y:0