ネットワークビジネスが解決!? 認知症の高齢ドライバー

高齢ドライバーの認知症おそれ
1万人超える



老人


高齢ドライバーの事故が増える中

今年(2017年)3月、改正道路法が施行され、75歳以上の高齢ドライバーに
対する認知機能検査が強化されました。

運転免許更新時などに認知症のおそれがあると判定された人が
1万1617人(暫定)にも上ることがわかりました。

警察庁によると、認知症検査を受けた人は43万1338人。
認知症のおそれと判断された人たちのうち、
既に医者の診断を受けたのが1299人。

3年ごとの更新時に、記憶力や判断力などの認知機能検査で認知症のおそれが
あると判断されれば、医師の診断を受けることが義務化されました。

認知症とは

認知症とは、さまざまな原因で能の細胞が死ぬ、また働きが悪くなる事により
記憶や判断力の障害がおこり、意識障害はないものの、社会生活や対人関係に
支障が出る状態のことをいいます。

認知症の最大の危険因子は加齢。
65歳〜69歳での有病率1,5%、以降5歳ごとに倍に増加し、
85歳では27%に達します。

認知症対策ができるネットワークビジネス商材はないのか

そもそもネットワークビジネスは人と常に接する仕事ですので
ネットワークビジネスをしていたら認知症にならなさそう…とも
思いますし、

これからの高齢社会で大注目の認知症予防対策に商材もあります。

人が体内では生成出来ないために、
食品から摂取しなければならない脂肪酸があります。

それらを必須脂肪酸といってオメガ3系脂肪酸の「α-リノレン酸」と
オメガ6系脂肪酸の「リノール酸」があります。

食事やサプリメントで摂取する栄養素では、
認知症の予防に有効性が確認されている抗酸化物質や不飽和脂肪酸の中でも
オメガ3系脂肪酸に効果があることがわかってきました。

オメガ3系脂肪酸には血栓予防、抗炎症作用、降圧作用、
インスリン感受性への作用など多くの効果がある事がわかっています。

最新の研究でオメガ3系脂肪酸には、
高齢期の認知機能低下と脳萎縮の抑制が期待できることや
認知機能低下を抑制する可能性があることが明らかにされています。

まとめると…

・コレステロールを下げる(悪玉コレステロールを下げる)
・中性脂肪を下げる
・動脈硬化・心筋梗塞予防
・高血圧予防
・脂肪肝(肝臓の病気)予防
・高脂血症予防
・加齢黄斑変性予防
・ダイエット
・メタボリックシンドローム予防
・脳の活性化による記憶力のアップ
・花粉症・アトピーなどアレルギー症状の緩和
・抗うつ作用・イライラを抑える

オメガを扱えるネットワークビジネスとは


資料請求



情報



a:192 t:1 y:0