ネットワークビジネスでカードローン審査落ち

まさか言われていませんよね
ネットワークビジネス初期費用をカードローン



悩み


ネットワークビジネス初期費用はカードローン

よくあります。
ネットワークビジネスを始めるときに
初期費用が5万以上かかるものがほとんどです。
それで、簡単に「カードローンで払っちゃったらいいよ。
あとで稼げるから!!!」

だめです!それ!絶対に引っかからないようにしてくださいね。
私も実際やっちゃったことありますし、
その時は上手に説明してきますが、
大抵、説明通りに稼げる事はありません。

ネットワークビジネスはたしかに
合理的ないいシステムですが、
稼げる人はそれなりの才能があります。

普通はそんなにすぐに稼げませんので
コツコツ、自分のできる範囲で取り組んでください。

目標を決めて
必ずその目標を達成すると決め
達成した自分を思い描くことが大事ですね。

資金は、事業なのでたしかにあるていどの
投資は必要かもしれません。
ただ、すぐにバックできるか、
それは自分次第です!

話がそれましたが、
実際にいい投資物件に出合った時、
事業を興したい時、なにかここぞと言うときに
お金を借りる事はあるでしょう。

でも、借りて滞納していると
どこからも借りれなくなりますよね。

ネットワークビジネスに手を出して、
滞納が続き、カードローン審査落ち、
クレジットカードでさえ作れなくなることもあります。

カードローン審査落ちしないために

キャッシングやカードローンの審査で、
金融業者は必ず申込者の信用情報を確認します。

信用情報は信用情報機関で管理されているため、
金融業者は審査時に信用情報機関から申込者の信用情報を照会します。

信用情報を照会すると、下記のような情報がわかります。

●個人情報(氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・勤務先名など)
●各種ローンやクレジットカード・携帯電話の割賦払い・奨学金などの契約状況や支払状況

つまり、申込者の信用情報を確認すると、下記のようなことがわかるのです。

他社でいくら借入れているか
他の支払いは滞りなく進んでいるか
過去に金融事故を起こしていないか

他社の借り入れも筒抜けなんですね!

また、消費者金融などの貸金業者は、
申込者の年収の3分の1までしか貸付けられません。

これを総量規制といい、法律で定められています。

そのため、すでに貸金業者から年収の3分の1以上の金額を借りている人が
別の貸金業者に申込みをしても、審査に落ちてしまいます。

あとは、勤続期間が短いことを理由に、審査に落ちることがあります。
たとえば、ある銀行は勤続期間が1年未満だとNG、
ある銀行では勤続期間が短いパート・アルバイトはNG
といったように、金融機関によって異なります。

ネットワークビジネスの最近

販売型のネットワークビジネスで在庫持つのにカードローン
タイトル保持のための過剰購入で…カードローン
そういうのが多かったときもあます。

実際にそんな思いをしたり、そんな話きかされたりで
ネットワークビジネスってお金をすごく使ってしまうもの…って
思っている人も多いと思います。

でも、最近のネットワークビジネスは規制も厳しくなっています。
そういった勧誘があればNGです。

基本的に、自分の自己消費分だけの購入…
自分が他の製品で使っていたもの【例えば…健康のためのもの、美容、日用品)
それのブランドチェンジで ビジネスが成り立つのです。

カードローン審査落ちなんてしない


資料請求



情報



a:226 t:1 y:0